女優さんたちの事例で検証するダイエットや便秘解消のための水の力

女優さんのダイエット、便秘解消事例

テレビの健康番組なので、女優さんや女芸人たちが短期間のダイエットや便秘解消などにチャレンジして成果をあげています。
その中でも、「水」が大きな役割を果たした事例が多数あります。

 

「水」だけが主役ではないので、実はあまり目立たないのですが、実は大きな仕事をしています。
いくつかの事例を紹介します。

 

深田恭子のダイエット

 

ricepower

 

スタイルもいいし、グラビアなどでもいまだに活躍しているので、なんでダイエットと思われるかもしれませんが、彼女は過去に何度かダイエットにチャレンジし、そのたびに何らかの成果をだしてきています。
朝バナナダイエット、キムチ豆腐ダイエット、加圧トレーニングなどが挙げられます。
しかし、2008年ころ、白湯ダイエットにチャレンジして短期間で5Kg痩せた経験をお持ちです。

 

白湯、つまり常温の水で、具体的には一旦沸騰させてから冷ませたものらしいですが、朝起きたときと、夜寝る前に飲むことでダイエットに効果があったということです。

 

白湯にすることで、体を冷やさないとか、体内を温めることによる効果ももちろんありますが、基本は「水」による効果です。

 

朝の「水」は、腸を活性化させ、お通じの状況が改善します。

 

夜の「水」は、夕食で摂った塩分などを薄めて、体のむくみを防止します。

 

 

綾瀬はるかのダイエット

 

ricepower

 

ビューティーコロシアムというテレビ番組で、58kgから7Kgのダイエットに挑戦した綾瀬さん、一か月での達成目標には少し足りなかったようですが、その後リベンジで50日間に延長して、みごと7Kgのダイエットに成功しています。
綾瀬はるかがやったのは、

 

  1. 食事制限
  2.  

  3. 運動によるカロリー消費
  4.  

  5. 一日3リットルの水摂取

 

で、特に2の運動では、ジムでのエクササイズ、ジョギング、水泳などをこなしました。
確かに食事制限や運動は、直接的な効果が期待できますが、水の摂取というのが、全体のダイエット活動を支えていたように思います。

 

実は、このダイエット活動が終わってから、綾瀬さんは、ご飯はしっかり食べて以下のことを続けているそうです。

 

  1. フルーツを食べる
  2.  

  3. 白湯を飲む

 

ここでも、「水」の力で綾瀬はるかも体型と健康を維持していることが覗えます。

 

 

片岡安祐美の便秘解消

 

ricepower

 

直撃コロシアムという番組で、女優さんたちの便秘解消実験をやっていました。
元女性野球選手で、今は監督をされている片岡さん、運動量や筋力ではまったく問題ないはずですが、15年間も便秘で苦しんでいるそうです。

 

片岡さんの便秘の原因は、最初は忙しくてトイレに行く時間がなくて我慢してしまうことが多く、トイレを敬遠してしまったことが一つの原因だったようです。
女性にはありがちかもしれません。
さらに、試合や練習中にトイレに行きたくなることを恐れて、水分を意識的に摂らなかったことも、便秘の大きな原因だったようです。
お医者さんからの指示は、

 

  1. 朝一杯の水を飲むこと
  2.  

  3. もずく酢+オリーブオイル
  4.  

  5. 食後のヨーグルト

 

これを一週間続けることで、便秘が大きく改善できたということです。
オリーブオイル、もずく酢やヨーグルトは、腸内を活性化するもので、実は「水」も腸の活用に大きく貢献したのかと思います。

 

 

 



 

1日わずか1粒中に乳酸菌が7種類、なんとヨーグルト34個分!【生命の乳酸菌】

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Home 高濃度水素水 ウォーターサーバー ボトル飲料水 肌保湿 ダイエット 水の役割